ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】ウッズは首位と1差「68」 松山英樹「70」

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 初日(15日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ◇7419yd(パー72)

過去8勝の大会に5年ぶり出場のタイガー・ウッズは、松山英樹ジェイソン・デイ(オーストラリア)と同組で午前8時23分(日本時間15日午後9時23分)に10番からスタート。6バーディ、1ダブルボギーの4アンダー「68」でプレーし、首位と1打差の好位置でホールアウトした。

ウッズは前半に3バーディを奪い上位でハーフターン。後半7番(パー3)では、グリーン右のフリンジからパターで約22mをねじ込み6つ目のバーディを奪い、一時は単独首位に躍り出た。

左手親指の付け根を痛めてから約1カ月半ぶりにツアー復帰した松山は、前半16番(パー5)で約5mのイーグルパットを決めたほか、3バーディ、3ボギーの2アンダー「70」とし、首位と3打差でラウンドを終えた。

小平智は3オーバー「75」でホールアウト。池田勇太は最初の1番をダブルボギーとするなど、3ホールを終えて2オーバーとしている。

5アンダーで単独首位に立つのは「67」で終えたジミー・ウォーカー。最終18番を、131ydからの2打目をカップに沈めるイーグルで締めくくった。

関連リンク

2018年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~