ニュース

米国男子ジェネシスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ダスティン・ジョンソンが世界1位を1年保持 そのレア度は?

◇米国男子◇ジェネシスオープン 事前情報(14日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

昨年大会を制し、翌週に初めて世界ランキング1位に上り詰めたダスティン・ジョンソン。それ以降、この1年間で4勝を積み重ね、その座を守り通してリビエラへと戻ってきた。

毎週、月曜日に世界ランクをチェックするというジョンソンだが、「一番上に自分の名前があるのは気持ち良いからね。でも、それだけだよ。いまだに仕組みを理解していないけど、“1”というのは読めるから」と、ちらりとほおを緩めるだけだった。

だが、1986年にソニーランキングとして世界ランクが導入されて以降、これまで1位を1年以上キープしたことがある選手は、ジョンソンのほかにタイガー・ウッズグレッグ・ノーマン(オーストラリア)、ニック・ファルド(イングランド)、ロリー・マキロイ(北アイルランド)の4人だけだ。

「1位にとどまり続けることはもちろん難しい。ここで戦っている選手たちは、みんなとてもうまく、才能ある者たちばかりだから。でも自分は、それをより一生懸命練習し、いまやっていることを続けるためのモチベーションとして利用している。取り組んでいることの正当化にもなるし、それが機能しているということでもあるから」とジョンソン。

ディフェンディングチャンピオンとして迎える今大会。さらなる勝利で、その座を盤石なものとできるか?(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 ジェネシスオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~