ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズは終盤に粘り 889日ぶりの予選通過

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 2日目(26日)◇トーリーパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース7698yd ノースコース7258yd

「一生懸命戦った」とタイガー・ウッズ。1年ぶりとなる米ツアー復帰戦の2日目は、イーブンパーの84位から4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」として通算1アンダーの65位。カットライン上ながら、889日ぶりの予選通過(2015年「ウィンダム選手権」以来)を決めて笑顔をみせた。

見ている側も一喜一憂の1日だった。ノースコースの10番からスタートし、前半はバーディを奪えず2オーバー。折り返した1番で10m以上のバーディパットを沈めると、大歓声とともに反撃の狼煙を上げて、後半は4バーディ(1ボギー)にまとめた。7番のバーディで予選通過圏内の1アンダー、8番でボギーを叩き圏外のイーブンパー、最終9番(パー5)で2オンに成功して2パットのバーディとし、なんとかカットラインに滑り込んだ。

なお、通常はウッズの予選通過はニュースではない。本来はその逆だ。

ウッズがプロ転向後に米ツアーで連続予選落ちを喫したのは過去1度しかなく(2014年「全米プロ」と2015年「ウェイストマネジメントフェニックスOP」)、連続予選通過は米ツアー最多の142試合(1998年「ファーマーズインシュランスオープン」から2005年「ワコビア選手権」)を誇る。つけ加えれば、米ツアーは今週を含めて315試合に出場して、予選落ちは16回だけだ(予選通過率94.9%)。

昨年4月に4度目となる腰の手術を受けたウッズは、現在の腰を「fused(融合した)」と表現しており、トーナメントで自身の体の限界や感触、ショットに対する反応に慣れていくことを、「マスターズ」が控える4月までの課題としている。

週末のラウンドの意味を問われたウッズは「すべてだ」と答えた。(カリフォルニア州サンディエゴ/今岡涼太)

関連リンク

2018年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~