ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:10/26〜10/29 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

前半「31」から後半「41」 松山英樹は言葉少な

2017/10/28 18:08


◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 3日目(28日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

地平線に沈む太陽に照らされた真っ黒なシルエットは、松山英樹の心情を表しているかのようだった。66位から出て前半を「31」で回りながら、後半に「41」と急ブレーキ。通算4オーバーで変わらず、60位と浮上を果たせなかった。

<< 下に続く >>

李昊桐張新軍。2人の中国人選手を引き連れた世界ランク4位の松山は前半、貫禄を十分に見せつけた。10番からスタートすると、次々にショットをピンにからめて序盤5ホールで3バーディ。18番(パー5)では、レイアップした2人を尻目に、池が迫るグリーン右サイドに切られたピンを3Wで果敢に攻めて、手前2mにぴたり。これを沈めてイーグルとして、中国人ギャラリーからも大きな喝采を浴びて折り返した。

だが、後半は一転。1番でカラーから3パットのボギーとすると、2番(パー5)では花道からのアプローチをミスして、チャンスホールで不本意なパー止まり。5番をダブルボギーとすると、8番では1Wのティショットが右のカート道ではねてOBとなり、再びダブルボギーを献上した。

前半より10ストローク多く要した後半を終えた松山のストレスレベルは、推して知るべし。最終ホールでも2mのバーディチャンスを外し、この日投入したスコッティキャメロンのマレット型パターをキャディバッグへと投げつけた。試行錯誤が結果へと結びつかないもどかしさを、振り切ることに懸命だ。

「良いところもあれば、悪いところもある。スコアにはつながらなかったけど、良い方向に向かうようにしたい」と大きく息をはき出した松山。前半のゴルフは明るい兆しか?と問われても、「好きなように書いてください…」と表情はこわばったままだった。(中国・上海/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!