ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:10/26〜10/29 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

「こんちくしょう…」片岡大育と今平周吾のWGC初出場

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 2日目(27日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)◇

今大会が世界ゴルフ選手権(WGC)初出場となる片岡大育今平周吾は、2日目を終えて通算1アンダー38位と、通算7オーバー74位。上位争いには絡めていないが、それぞれが初舞台で貴重な経験を積んでいる。

<< 下に続く >>

「自分的には良いゴルフができている」という片岡だが、やはり実感するのは飛距離の差だ。この日の1番ホールは強いアゲンストの風に対し、ティショットは「そこそこ良い球を打って260ydくらい。でも、チャールズ・ハウエルIIIは、310ydくらい行っていた」という現実を突きつけられた。第1打では毎回、約40ydの差を付けられて、「“こんちくしょう”というのは、いっぱいあります」と、笑顔に下に悔しさも受け止めている。

正確性で戦う自分のゴルフは大事にしながら、「コントロールしてばかりだと距離が残るので、意識してやっている」と、いつもより“振っている”のもまた事実。「練習ラウンドとは10ydから20yd違っている。飛距離も出ているし、そういう意識は大事だと思う。力の差も感じているけど、いろんな意味ですごく勉強になっている一週間」と、目標とする世界の舞台を、肌で感じることができている。

一方の今平は、18番でルーリングのトラブルに遭遇した。3打目をグリーン奧に外すと、そこにはテレビ中継用のケーブルやロープなどが置かれていた。ロープ付近に球が止まっていたために、同伴競技者で2014年のアジアンツアー賞金王のデービッド・リプスキー(米国)に処置を確認すると、「OK。まずティでマークして」と言われて、マークしたあとに球を拾い上げてしまったが、これはルール違反。

マークしたあとにケーブルを動かして、その際に球が動いてしまった場合のためのマークで、本来は球に触れずに処置をしなければいけなかったために1罰打。結果的にはこのホールをトリプルボギーとしてしまった。

「カッカ来たりもするけれど、勉強ですね」と苦笑いの今平だが、これもまた経験のうち。将来きっと、役立つときがくるはずだ。(中国・上海/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!