ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

700kmドライブでヘトヘト!? 松山英樹にハリケーンの影響

2017/09/13 07:50


◇米国男子プレーオフ第3戦◇BMW選手権 事前情報(12日)◇コンウェイファームズGC(イリノイ州)◇7208yd(パー71)

カリブ海から米南東部を襲ったハリケーンは、松山英樹の足にも影響した。1週のオープンウィークを挟んで再開されるプレーオフの第3戦。拠点あるフロリダ州からイリノイ州シカゴへの道のりは、思わぬアクシデントを強いられた。

英領バージン諸島、キューバなどカリブ海地域で多数の死者を出したハリケーン「イルマ」は、前週末に米フロリダに上陸。熱帯低気圧に変わり勢力を弱めたとはいえ、州内の600万世帯以上で停電被害が報告されている。

松山は前週4日(月)にマサチューセッツ州での「デルテクノロジーズ選手権」を23位で終え、自宅のあるフロリダ州オーランドに戻った。その後は当地で練習に励んだが、8日(金)は悪天候で遠征の準備に終始。9日(土)に州全域の空港が閉鎖されたため、同日中に北のジョージア州アトランタまで車で移動し、翌10日(日)に空路でシカゴに入った。

オーランドからアトランタまでは陸路で約700km。東京―岡山間にあたる距離を、松山はサポートスタッフらとレクサス車の運転を交代しながら7時間かけて走った。自宅に大きな被害はないというが、周辺の変化にはびっくり。「スーパーに水(飲料水)がなかった。食べ物はあった感じでしたけど、水はゼロ。うちには1ケースくらいしかなくて、やべえな…と思ってたんです。ハリケーンって、みんなそんなに対策を練るんだ…と思って」

当地での練習ラウンドは11日(月)から2日間にわたって、9ホールずつをプレー。「移動が長くなってしまって、疲れているところもある」と正直だ。疲労と付き合いながら、あす13日(水)のプロアマ戦で最後の試合前調整を行う。(イリノイ州レイクフォレスト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。