ニュース

米国男子ザ・ノーザントラストの最新ゴルフニュースをお届け

「良いところない」松山英樹はノーバーディ ショットもパットも精彩欠く

2017/08/25 08:42


◇米国男子◇ザ・ノーザントラスト 初日(24日)◇グレンオークスクラブ(ニューヨーク州)◇7346 yd(パー70)

年間王者を決めるプレーオフ初戦が開幕し、フェデックスカップランク1位の松山英樹は4オーバーの102位と出遅れた。第1ラウンドの順位で今季のワースト。2月の「ジェネシスオープン」第2ラウンド以来のバーディ以下なしに終わり、「良いところがなかった」と表情を曇らせた。

<< 下に続く >>

出だしの10番から2ホール連続で5m以内のバーディトライを外すと、早々に流れが停滞した。ショット、パットともに精彩を欠いて、ピンチを招いた。1打目が粘り気のある深いラフにハマった13番では、4打目のアプローチを何とか寄せてパーでしのいだ。折り返しの18番で4mのパーパットを沈めて、前半のホールをすべてパーとすると、安堵の表情を浮かべた。

後半は、ボールの転がりを邪魔するポアナ芝の点在するグリーン上でスコアを落とした。この日初めてのボギーを喫した直後の5番で2mのチャンスをわずかに右に外すと、6番(パー3)では返しのパーパットがカップをなめて3パット。続く7番でもカップに蹴られてボギーとし、後退した。

直近2試合で使ったマレット型からピン型のパターにスイッチしたが、計33パットを要し、「(芝は)どうなんでしょう。入っていないし、わからない」とため息をついた。

前日のプロアマ戦を途中棄権した臀部(でんぶ)付近の張りは「だいぶ良くなった」とした。初開催の会場で事前に1ラウンドしかできず、不安があったのも事実。決して狭くないフェアウェイをとらえたのは7回と50%で、全体107位。2打目以降も「ついていない」と振り返った通り、ショットでもリズムを作れず、フラストレーションのたまる1日になった。

カットラインの1オーバーを見上げる展開になったが、「まだ(バーディを)1個も獲っていないので、1個くらい獲れるように頑張ります」と松山。「気分が向いたら(練習を)やりますよ」と話したが、すぐに練習場に向かいショット、パットの確認を約3時間続けた。(ニューヨーク州オールド・ウェストバリー/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ザ・ノーザントラスト




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!