ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

“再始動”で臨んだWGC 61位で池田勇太が得た手応え

2017/03/06 11:44


◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 最終日(5日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71)◇

最終日に自身大会初のアンダーパー「69」をマーク。4日間を通して、スコアも日増しに良くなっていった池田勇太は、通算6オーバーの61位タイという結果にも悲痛な顔は見せなかった。

「ティショットが乱れることも数ホールあったけど、しっかりカバーしていたと思う。バーディチャンスも作って、昨日に引き続き5バーディも獲っている。もう少し内容が煮詰まってくればボギーも減らせるだろうし、4日目にして、それなりに納得いくゴルフができたと思う」

国内ツアーの開幕2連戦から4週間の休みを挟み、今大会を“再始動”と位置づけて臨んだ。「やっていることに間違いはない。ゴルフもしっかりできている。1つ1つの細かいものを見てみると、そんなにがっくり肩を落とすような内容じゃなかった」と、結果以上の手応えも手に入れた。

6年ぶりに出場する「マスターズ」まであと5週間。次戦は3週間後の「WGCデルマッチプレー」だ。メキシコで得た経験を胸に、日本にいったん帰国する。(メキシコ・メキシコシティ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 WGCメキシコ選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~