ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 ザ・ホンダクラシック
期間:02/23〜02/26 PGAナショナル(チャンピオン)(フロリダ州)

石川遼は37位 難コースで得た課題と収穫

2017/02/27 09:15


◇米国男子◇ザ・ホンダクラシック 最終日(26日)◇PGAナショナル・チャンピオンコース(フロリダ州)◇7140yd(パー70)

3試合ぶりに週末をプレーした石川遼は、4日間で一番強く吹いた風の中、2バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」で回り、通算1アンダーの37位タイとした。

「厳しいコンディションだったけど、内容も良くなかった」と悔やんだのは、4ストローク落とした前半4番からの4ホール。5番(パー3)では、「完全なミスショット」とティショットを池に入れ、今週初めてのダボとした。

それでも、「池がそこにあったのでダブルボギーに繋がったけど、1回悪いショットをしただけ」と、すぐに気持ちを切り替えた。続く6番は、ティグラウンドからグリーンまで左サイドに池が待ち受け、フェアウェイも狭く絞られた最終日の難易度1位の難関ホール。アゲンストの風の中、1Wでフェアウェイの真ん中へと運び、2打目は奥に切られたピンをかすめるナイスショット。ボールは奥にこぼれてパーとしながらも、「すごく良いティショット、2打目が打てたことが印象に残っている」と、手応えを口にした。

8番以降はノーボギーでバーディ1つ。「1Wショットが予選ラウンドより良くなったし、(アイアンが)良くないと思いながらも、15番(パー3)や17番(パー3)とか、絶対にコントロールしないといけないところで(良いショットが)出来た」と、改造中のスイングにも進歩を感じられた試合となった。ツアー屈指の難度を誇る“ベア・トラップ”の3ホール(15番から17番)は、4日間通算1アンダーで切り抜けた。

「1回のミスでダブルボギーが出てしまうコースだし、その中でカットラインがパープレー。予選ラウンドで池に1、2回入れただけで予選落ちしてしまう中で、それを避けながらバーディを獲っていかないと上に行けない」というのが今週の難しさ。4日間を戦い抜いたが、上位進出できなかったことが課題となった。

次週の世界ゴルフ選手権「WGCメキシコ選手権」には出場できず、次戦は2週間後の「バルスパー選手権(イニスブルックリゾート&GC)」となる。「いくつも難しいホールがあるし、今まではうまくプレー出来なかったけど、今は出来るんじゃないかという感触もある。楽しみです」と、ポジティブさとともにPGAナショナルをあとにした。(フロリダ州パームビーチガーデンズ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 ザ・ホンダクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~