ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

【速報】連覇を狙う松山英樹が「65」 首位でホールアウト

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 初日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

世界ランク5位で迎えたディフェンディングチャンピオンが、大会連覇に向けて上々の内容で滑り出した。前半組から出た松山英樹が6バーディの「65」でプレー。6アンダーは、ホールアウト時点で単独首位に立つ好スタートを切った。

最初の10番で2.5mを入れてバーディ先行。13番、15番と2つのパー5を連続で獲ると、18番では2mのチャンスを決めて4アンダーで折り返す。後半唯一のパー5である3番も、2打目でグリーンを捕らえて2パットのバーディ。4mを沈めた6番で6個目とし、単独のリーダボードトップに躍り出た。

松山の強みであるショット力はこの日も健在だ。フェアウェイキープは71.43%(10/14)を記録し、グリーンを外したのは2打目を花道に落とした後半1番のみ。無傷で18ホールを完走し、優勝した前年大会の初日と同じ「65」につなげた。

1打差の5アンダー2位タイにつけるのは、いずれもホールアウトしたジョン・ペターソンロバート・ガリガススコット・ブラウンの3人。前年プレーオフで松山に敗れたリッキー・ファウラーは、さらに1打差の4アンダーでラウンドを終えた。

後半組の石川遼は、現地時間の午前11時58分にスタート。2ホールを終えてイーブンパーとしている。

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~