ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

連覇かかる松山英樹が公式会見 マスターズへの準備も着々

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 事前情報(31日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

ディフェンディングチャンピオンの松山英樹は開幕2日前の31日(火)、当地のアウト9ホールで練習ラウンドを行った。公式会見にも出席し、自身初の大会連覇と、4月のメジャー初戦「マスターズ」に向けた意欲を口にした。

リッキー・ファウラーとの4ホールにわたるプレーオフを制し、ツアー通算2勝目を挙げた前年大会。1年が経ち、松山はいっそう強くなってフェニックスに帰ってきた。昨年末の破竹の連勝を経て、世界ランキングは前週5位に浮上。「なぜか上がりましたね。(5位だった)ジョーダン・スピースは今年になって2試合で3位、3位なのに…。(ランキングの)システムがよく分からない!」と、日本勢20年ぶりの快挙もどこ吹く風。視線は前を向いたままだ。

場内や大会パンフレットにはもちろん、自身の写真がメインに使われている。それも「残念ながら、見ていない」。コースチェックの際に何度も前年のプレーを振り返りつつも「普通の試合であっても、去年のことを思い出すのは通常の作業。勝った試合だから…というのもないです」と、マイペース調整が続いている。

一昨年も優勝争いをして2位。「ソニーオープン、先週と調子が良くないが、毎年ここで良いプレーができている」と自身初の2年連続勝利を見据えながら、2カ月後の「マスターズ」への思いも日々強くなっている。「マスターズのことはすごく考えている。そこに向けて取り組んでいる」と言った。「頭の中に?50%くらいはありますね」。目の前の試合をおろそかにするつもりはないが、メジャー初制覇に向けた準備を着々と進めている。

ここ2試合はショットに苦しみ「練習では良い。試合になってみて、ですね。きょうも練習場では良かった。それは常に変わっていないですね」とこぼしつつ、世界ランク5位は今大会のフィールドで最高位。ツアー公式サイトのパワーランキング(優勝予想番付)でも、今季2勝のジャスティン・トーマス、スピースらを抑えて1位に立つ。いくら本調子でないことを嘆こうが、周囲の信頼は少しも揺らいでいない。(アリゾナ州スコッツデール/桂川洋一)

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~