ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が猛練習中 ロフト64度のロブウェッジ

2017/02/02 11:10


◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 事前情報(1日)◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

2013年から5年連続の大会出場となる石川遼は開幕前日の1日(水)、日中に当地の練習場で最終調整を終えた。ショットのスイングとともに、ショートゲームを丁寧に確認。黙々とクラブを振り込んだ。

今年に入って、石川はキャディバッグの3本のクラブを入れ替えた。好調の1W(キャロウェイゴルフ GBB エピック スター)のほか、ウッド型のUT(スチールヘッド XR ユーティリティ)を実戦テスト中。そして新たにLWとして、ロフト64度のウェッジ(MACK DADDY 2)を握っている。

昨年までのクラブセッティングで、最もロフトがあったクラブは59度のSW。石川は「59度については距離感が体に染みついているから代えられない」という。64度はアプローチのバリエーションを増やすために加え、目下猛練習中だ。

課題のひとつがバンカーショット。現状はSWとLWを局面ごとに「両方を使っている」。同じ距離でも「ボールの落ち方が少し違う。59度ではグリーン上のラインに乗って転がる感じがあるけれど、64度で打つとそれが少ない」と、それぞれの特徴をつかむのに時間を割いている。この日も強い日差しを浴びながら、試行錯誤を続けていた。(アリゾナ州スコッツデール/桂川洋一)

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~