ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

途切れた21R連続アンダーパー 松山英樹は今季初パープレー

2017/01/30 11:09


◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 最終日(29日)◇トーリーパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース7698yd(パー72)

24位タイから出た松山英樹は3バーディ、3ボギーの「72」とスコアを伸ばせず、通算4アンダーのまま33位タイに順位を下げてフィニッシュした。ショットがまとまらず、パットともかみ合わない流れ。連覇がかかる次週「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」(TPCスコッツデール)へ向け「修正したい」と話した。

難関コースで、トップと5打差で迎えた日曜日。「コースに出てみないと状態が分からない」という松山自身も「上との差はあまり考えずにスコアを伸ばして、後半に面白い位置に入れたら…と思っていた」と淡い期待を持って臨んだラウンドは、フロントナインから苦しんだ。

出だし1番で1Wショットを左に曲げて、ボギー発進。その後2つバーディを決めたが、8番(パー3)で1mのバーディパットを外し、9番(パー5)ではグリーン右手前のラフからのアプローチを寄せきれずにパーとした。

「8番、9番で(バーディを)獲れなかったのは痛い。そのストレスがその後にもつながった」。1Wショットは続く10番でも左に曲がり、フェアウェイバンカーからの第2打はグリーンをオーバーさせてボギー。逆境を集中力に変えられなかった。

4日間のフェアウェイキープ率は53.6%、パーオン率も58.3%とショットが低調だった。「なんとなく、曲がっている理由は分からなくもないんですけどね…」という。「でも、それは練習場でうまくいっても意味がない。いまは“試合で曲がるスイング”をしているのかなと思う。良いショットは何回か出ているので、それを続けていける練習方法なりを考えていきたい」と冷静に先を見据えた。

ため息ばかりが漏れたが、昨年10月に開幕した2016-17年シーズンで、アンダーパーをマークできなかったのは、これが20ラウンド目にして初めてだった(昨季最終戦「ツアー選手権」第3ラウンドから21ラウンド連続アンダーパー)。最終18番(パー5)でバーディを決めて、オーバーパーは免れた。下りのバーディパットを沈め「最後も入らないのかなと思ったけれど…入ってくれて良かった」と安堵する。

2連覇を目指す次週へ向けたテンションは「それは試合になってから感じればいいこと。しっかり準備したい」と、落ち着いたもの。来るべきときの爆発を期してアリゾナへ向かう。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

関連リンク

2017年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~