ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズ、マスターズへ意欲 ツアー復帰戦は予選落ち

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン2日目(27日)◇トーリーパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース7698yd、ノースコース7258yd(ともにパー72)

タイガー・ウッズの1年5カ月ぶりのツアー復帰戦は予選落ちに終わった。4オーバーの133位タイから、比較的難度の低いノースコースをプレーしたが2バーディ、2ボギーの「72」とスコアを伸ばせなかった。

出だしの10番(パー5)で3.5mのバーディパットを決めたウッズだったが、その後の見せ場は少なかった。過去7回の優勝経験がある大会で、決勝ラウンドに進めなかったのは16回目の出場にして初めて。それでも、ティショットでフェアウェイをとらえたのは14ホール中10ホールと、サウスコースを回った前日の4ホールよりも増えた。「勝つチャンスがなくなったのは残念だが、全体的にはショットもパットも昨日よりも良かった」と振り返った。

ウッズは昨年12月の「ヒーローワールドチャレンジ」で、2015年8月以来の実戦復帰を果たした。今週は、ツアーで久々にプレー。「ヒーローのときは、バーディもたくさん獲ったけれど、ひどいミスもたくさんした」と“前進”を強調した。

「試合でゴルフをするのは、カートに乗って友達とプレーするのとは違う。ラウンドがもっと必要だ」と、多くの実戦機会を持つことへの重要性を語り「みんなと同じように僕も4月の第2週に向けて準備する」と、メジャー初戦「マスターズ」への意欲を見せた。

ウッズは次週、中東のアラブ首長国連邦(UAE)に飛び、欧州ツアーの「オメガドバイデザートクラシック」(エミレーツGC)に出場する。(カリフォルニア州サンディエゴ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。