ニュース

米国男子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 リオデジャネイロ五輪
期間:08/11〜08/14 オリンピックゴルフコース(ブラジル・リオデジャネイロ)

五輪強化委員長が「2020年に希望見えた」と男子ゴルフを総括

ブラジルで開催中の「リオデジャネイロ五輪」で112年ぶりに復帰したゴルフ競技。11日から4日間で行われた男子ゴルフの池田勇太片山晋呉が17日に帰国し、現地に同行した五輪ゴルフ競技対策本部の倉本昌弘・強化委員長を合わせた3人が羽田空港で会見を行った。

男子ゴルフは池田が21位、片山が54位と目標のメダルには遠く届かなかったが、昨年7月から強化委員長として先頭に立ってきた倉本は「2020年に向けた課題と希望が見えたし、成績以上に得るものがあった」と総括した。

未知の世界だった五輪について、リオで試したことを東京五輪にどう生かすのかは、ひとつのテーマだった。丸山茂樹が就任したヘッドコーチ制もそんなテスト。大半の選手は個別のコーチを付けているため、その存在意義は未知数だったが、倉本は「私はすごく良かったと思う」と、実際の成績とは切り離した部分で評価した。

「私案ではあるが、丸山ヘッドコーチの下に2、3人付ける態勢にし、選手にいろいろな意見の中から取捨選択をさせることも大切なことだと思った」という。倉本強化委員長の任期はリオ五輪の終了とともに切れるが、東京に向けても準備委員会の役員として携わり続けていくという。

池田は「久しぶりに熱いものと悔しさを感じた」と初めての五輪を振り返った。「丸山先輩からアドバイスや対策をもらうことができた」とし、「大事なのはこれから。倉本さん、丸山さん、片山さんたちと話し合いながら、2020年に向けて我々が伝えていくこと」と熱弁した。(編集部/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。