ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/02〜06/05 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

「良いショットが一発も…」松山英樹、105位の今季ワースト発進

2016/06/03 08:41


「何も良くなかった…」。強ばった表情でそう振り返った松山英樹の横顔に、じんわりと汗がにじんだ。オハイオ州のミュアフィールドビレッジGCで開幕した「ザ・メモリアルトーナメント」の初日、松山は3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの「74」、2オーバーとし首位と10打差の105位タイと出遅れた。

今季14試合目にしてワースト発進。ミュアフィールドビレッジGCは、過去8ラウンドすべてでアンダーパーをマークして平均スコア「68.875」と得意にしていたが、9ラウンド目にして初のオーバーパーに「良いショットが一発もなかった。このスコアになっても仕方がない」と口を結んだ。

<< 下に続く >>

1番からショットはズレた。フェアウェイからの2打目はピンの右15m。2番でも、クリークに近い右端に切られたピンに対し、残り113ydの2打目を危険な右サイドのラフへと外した。

6番、7番(パー5)で連続バーディを奪ったが、7番以降の9ホール(パー3を除く)では、フェアウェイをとらえたのはわずかに1度。1Wが深いラフにつかまると、つぎにグリーンをとらえることも容易ではない。悪い流れは重なり、一時的に雨が強くなった12番(パー3)では、ティショットを池に落としてダブルボギーとした。

スコアボードを見れば、首位は8アンダーで79人がアンダーパーをマークした。「普通にやればそれくらい出ると思うけど…」と松山は言う。「(自分は)普通じゃないんで仕方ない」。

ホールアウト後は練習場で黙々と打ち込みを行った。「(明日は)良くなればいいと思う。あまり期待せずに、やるべきことをやれればいい」と淡々と言葉を並べた。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!