ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/02〜06/05 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

リオ五輪有力の松山英樹「出るかどうかわからない」 ジカ熱流行を懸念

男子ゴルフの世界ランキング15位(5月30日付け)で、8月のリオデジャネイロ五輪で日本代表となることが確実視される松山英樹が31日、ブラジルでのジカ熱流行について、「僕は(結婚や婚約を)していないけど、そういうのは気になります。(五輪に)出るかどうかも、ギリギリにならないと分からない」と出場への大きな懸念となっている心境を明らかにした。

6月2日に開幕する米国男子「ザ・メモリアルトーナメント」の練習ラウンド後に、報道陣に問われて答えた。松山は自身の不安について「どこからも情報が入らない」という現状を理由に挙げた。

<< 下に続く >>

ランキングによる代表決定は7月11日のため、現状は強化指定選手の一人にすぎないが、JOC(日本オリンピック委員会)やJGA(オリンピックゴルフ競技対策本部)からジカ熱に関する情報提供はないという。「そんな状況で行けと言われても不安がある」と話した。

リオ五輪で112年ぶりに五輪競技に復活するゴルフだが、世界ランク7位のアダム・スコット(オーストラリア)が代表を辞退したほか、ビジェイ・シン(フィジー)、シャール・シュワルツェルルイ・ウーストハイゼン(ともに南アフリカ)らトップ選手が相次いで不参加を表明。それぞれ事情は異なるが、理由は五輪に伴って過密化したスケジュールとジカ熱流行への懸念に集約される。

最近では世界ランク3位のロリー・マキロイ(アイルランド=五輪)も「家族への影響を第一に考えないといけない」と話した流れがある。

松山は「僕が断ったらどうなるのかなというのは、(世間の反応が)ちょっと怖い」とも話し、大きなプレッシャーの下で揺れる複雑な思いも明らかにした。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!