ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/05〜05/08 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

マキロイもファウラーも 松山発案で熊本地震の被災地応援

ノースカロライナ州のクエイルホロークラブで5日に開幕した「ウェルズファーゴ選手権」初日。米国男子ツアー(PGAツアー)のスター選手が、4月の熊本・九州地震の被災地を応援するグッズを身に着けてプレーした。松山英樹が発案し、戦友たちから賛同を得た。

松山は4月の「マスターズ」以来の出場試合となる今大会を迎えるにあたり、「熊本 九州 We are with you」「ACTION for 日本」などのメッセージ入りのロゴを関係者の協力で作成。紅白の缶バッジをキャップにつけ、岩田寛とともにキャディバッグにも同じデザインのマークを入れた。

会場では「つけてくれそうな選手にお願いしようと思う」と賛同を募った。予選ラウンドで同組の世界ランク3位のロリー・マキロイ(北アイルランド)は1Wのヘッドカバー、同5位のリッキー・ファウラーはキャディと一緒にキャップにバッジをつけてラウンド。松山は事前にマネジャーから英語のレクチャーを受け、スタート前に2人に協力を願い出た。

ほかにもアダム・スコット(オーストラリア)、ダニー・リー(ニュージーランド)、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、パトリック・リードら世界のトッププレーヤーが、バッジをつけて大会初日や開幕前のプロアマ戦をプレーした。

多くの選手からの賛意に、松山は「うれしいですね」と感謝を示した。プレーは2オーバーと出遅れたが「試合中は自分の全力を出すことが一番大事。きょうは結果につながらなかったですけど、あしたからしっかり切り替えてやりたい」と表情を引き締めた。(ノースカロライナ州シャーロット/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。