ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

難敵は強風 岩田寛の頭にあるプエルトリコでの戦いは

2016/03/24 10:56


米国男子ツアーの「プエルトリコオープン」は24日(木)にココビーチゴルフ&CCで開幕する。岩田寛は前日23日(水)に当地で午後から練習。ドライビングレンジでの打ち込と、ショートゲームの確認を行った。

プエルトリコはフロリダの各空港から3時間弱のフライトで到着。米国の自治領のため入管手続きのストレスもなく足を踏み入れることができる。とはいえ、スペイン語が飛び交う土地はそれなりの“異国”の雰囲気も。コースをゆっくり歩くイグアナも見受けられる。

<< 下に続く >>

岩田は今回が初訪問。プロアマ戦には出場できなかったため、コースチェックは22日(火)までの練習ラウンドで終えた。「だいたい毎日この風ですね。横風のときが多いけれど“どフォロー”で受けるとボールがまったく止まらない」と、南東からの強風が難度を上げる。

5人でのプレーオフとなった前年大会は通算7アンダーが72ホールを終えた時点でのトップだったが、2014年は21アンダー、13年は20アンダーが優勝スコアと、バーディ合戦が繰り広げられてきた。

例年、世界選手権シリーズの裏で開催。注目度は劣るものの「テレビは観たことがありますよ」というのは、以前から欧米のゴルフ中継観戦が日常化している岩田ならでは。

印象深いのは多くの日本人ファンと同じで、石川遼が2位に入った2012年大会。「最後、18番でグリーンの左手前からアプローチをしていたでしょう。(第2打で)なんであそこまで飛んでいるんだろう…。ティグラウンドが前の日じゃないと行かないなあ…」と、映像を通じて見た様子と、実体験を重ねながらプレーしている。

「ミスを引きずっていたら、どんどんダメになりそうなコース」と、練習の最後は丁寧にショートパットを確認。初日は1番から第2組(午前7時10分)でスタートする。踏み荒らされる前のグリーンで、より多くのバーディを稼ぎたい。(プエルトリコ・リオグランデ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 プエルトリコオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!