ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

最終日の天気は大荒れ予報 上位陣はどう戦う?

米国男子ツアー「ファーマーズインシュランスオープン」最終日のティタイムが変更された。第1組のスタートは午前7時、最終組は8時50分と約1時間、前倒しされた。1番と10番の2つのティを使う。大荒れ模様となりそうな天候を警戒しての対策だ。

現地の天気予報では、午前10時までの降水確率は50%。11時以降は70%~90%へと上昇し、午後3時以降は暴風雨が予想されている。風は昼前から徐々に強くなり、正午で秒速8m、最終組のホールアウト予定時刻の午後2時には秒速11.5mへと跳ね上がる。最終日は過酷なコンディションとの戦いだ。

大会3日目を終えて首位に立つのは通算9アンダーのスコット・ブラウンチェ・キョンジュ(韓国)の2人。

ツアー1勝のブラウンは言う。「このコースは、フェアウェイに置くことすら難しいのに、強風が吹いたら、そのためにハザード方向を狙っていかないといけないホールが出てくる。それは相当タフだね」。

とはいえ、タフなコース、タフなコンディションが好きだというブラウンはポジティブだ。「明日はその両方ってことになりそうだけど忍耐が大事になる。いくつかのボギーを打つだろうけど、バーディで取り返したい」。

ちなみに、ブラウンは前週の火曜日に2人目の娘が誕生したばかり。第1子が誕生した2012年には、その翌週から2戦連続トップ10を果たしている。赤ちゃんパワーで今週も好結果を残せるだろうか。

一方のチェは「全英オープンや、自宅のあるダラスでそういう天候には慣れている」と頼もしい。「自分のプレーを分かっているし、球がどう飛んでいくかも知っている。風に影響されるから、パッティングが最も重要になってくる」と、2011年の「ザ・プレーヤーズ選手権」以来となるツアー9勝目を見据えている。

2人に続くのは、ジミー・ウォーカーゲーリー・ウッドランドという長距離ヒッターたち。ウッドランドは「興奮するね。それこそ、僕の求めているものだよ」と、荒れる天候を歓迎した。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!