ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年初戦は予選落ち 松山英樹の自己評価は?

2016/01/30 11:39


「結果がすべてなんでね」。カリフォルニア州のトーレパインズGCで行われた米国男子ツアー「ファーマーズインシュランスオープン」2日目に、サウスコースを2バーディ、6ボギーの「76」で回った松山英樹は、通算イーブンパーでカットラインに1打届かず予選落ちした。あっけない幕切れとなった2016年初戦に、何の弁解もしなかった。

スタートの1番から不穏だった。ピン上1.2mからのパーパットがカップに蹴られてボギーが先行。3番(パー3)では、15mのファーストパットを3mオーバーさせて3パットのボギーとした。

<< 下に続く >>

上がり2ホールを含め、数えただけでも、この日カップに蹴られたパットは4度あった。だが「悪いストロークをしているわけじゃないし、ラインがひと筋違ったというだけでなにも気にしていない。それよりもショット」と松山。

フェアウェイキープは初日の4回に比べて7回へと改善したが、「一貫性がないというか、打ち方がバラバラだった。何か一つ安定したものがないとこうやって崩れていく」と自己評価は厳しい。オフに重点的に取り組んできたというショットだが、「(スイングを)変えても変えなくても結果がすべて。そこにつながっていないということは、まだ何かやらなくちゃいけないことがある」と続けた。

外から見ているだけでは分からない、松山のスイングを支える“ある感覚”。それがまだ、体の中にしっかりとは住みついていない。「今週、早く終わったら終わったで、来週に向けて良い準備ができる。ショットの練習をしたい」。次週、2年続けてトップ5入りをしているフェニックスでこの悔しさを晴らしたい。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!