ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

過去2度の予選落ち 石川遼は鬼門コースに苦戦覚悟

ハワイ州のワイアラエCCで14日(木)に開幕する「ソニーオープンinハワイ」で米国男子ツアーの2016-15年シーズンの再開を迎える石川遼は13日、プロアマラウンドに出場。前週日曜日から計3ラウンドの調整を経て、あすのティオフを迎える。

過去2回の出場(2012、14年)はいずれも予選落ち。鬼門となっているコースについて石川は、「相性よりも、マネジメントの問題だと思う」と分析する。とはいえ、明確な答えをはじき出せているわけではない。

一例に挙げるのは、1打目で1Wを振り抜くか、刻むかの選択だ。コースの多くを占めるドッグレッグホールを含めて、どちらにおいても正解・不正解が不明瞭なホールが多いとのこと。過去に何ラウンドもこなし経験値は多いコースだが、「今も分からないですね・・・。ぼやーっとしている感じ」と、苦笑いを浮かべた。

予選落ちした過去2回の出場は1Wを中心にマネジメントを組み立てた。ドッグレッグホールで放ったナイスショットがラフまで突き抜けたり、中途半端な距離が残ってしまったりと苦い記憶も多い。この日も同伴アマチュアのハウスキャディに1Wの“使い過ぎ”を指摘されたという。

昨夏から攻撃的なマネジメントに回帰し、国内2勝を挙げる結果につなげてきたが、今週に関してはその信念も揺らぎ気味。「過去2回より1Wの調子も良いと思うし、打っていきたい気持ちもあるけど・・・」と言葉に歯切れの悪さが目立った。

今夜のイメージトレーニングで心を決めたいところだが、「あしたからは、答え探しの旅になると思います」と迷いとの戦いを覚悟。初日は午前11時50分にマイケル・トンプソンチャド・キャンベルと同組で1番からティオフする。(ハワイ州ホノルル/塚田達也)

関連リンク

2016年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~