ニュース

米国男子ザ・RSMクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 ザ・RSMクラシック
期間:11/19〜11/22 場所:シーアイランドリゾート(シーサイド)(ジョージア州)

岩田寛はグリーン上で苦戦 キャディの気合い注入も

2015/11/22 08:52


米国男子ツアー「ザ・RSMクラシック」3日目。首位と3打差の5位からスタートした岩田寛は「パターが全然入らなかった」とグリーン上で苦戦し、3バーディ、5ボギー「72」(パー70)と失速。通算6アンダーの34位に後退し、首位の背中は10ストローク先に離れる結果となった。

最初の1番から、岩田の体を違和感が駆け抜けた。9mのバーディパットは1m強オーバーし、「練習グリーンとちょっと違う」。スタートホールはパーで納めたものの、3番(パー3)では1.5mを外しての3パットボギー。「フィーリングがおかしくなった」と迷いは深まり、続く4番、さらに2.5mを外した5番と3連続ボギーを叩き、早々と首位争いから名前を消した。

<< 下に続く >>

首位争いからの後退に足取りも重い岩田を見かねたのが、日本ツアーから引き続き帯同しているエースキャディの新岡隆三郎さん。「15番くらいであまりに嘆くから・・・」と、強い口調で気合いを注入し、岩田も「そこからちょっと良くなった」。17番(パー3)では6Iの1打目を1mに絡め、この日3つ目のバーディをもぎ取る見せ場を作った。

「上とは離れてもう優勝は厳しいですけど、あしたは良いスコアで回りたいと思います」。最後まで気持ちを切らさず、波の少ないプレーを続けることは、渡米前から岩田が掲げているテーマの1つ。米国男子ツアーの今年度ラストゲームを、納得の形で締めくくりたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ザ・RSMクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!