ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

米ツアー参戦の岩田寛をJGAが制裁 「日本オープン」など2年間出場停止に

2015/11/09 21:20


日本ゴルフ協会(JGA)が岩田寛に対し、JGA主催競技への2017年度末までの出場停止処分を科したことが9日、分かった。エントリーしていた今年の「日本オープン」を欠場し、同週開催だった米国男子ツアーの2015-16年シーズン開幕戦「フライズドットコムオープン」に出場したことへの制裁という。

10月15~18日に兵庫県にある六甲国際GCで開催された「日本オープン」は、出場登録の締め切りが9月18日までだった。出場資格を持つ岩田は、期限までにエントリーを済ませていた。

岩田はエントリー後に渡米し、9月10日から始まった米ツアー下部のウェブドットコムツアー・ファイナルシリーズ4試合に出場した。10月4日に終わったシリーズ最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」で新シーズンの米ツアー出場資格を獲得。これにより、10月15日からの「フライズドットコムオープン」への参戦が可能となったため、「日本オープン」の出場キャンセルをJGAに連絡した。

「日本オープン」終了後の10月26日、JGAから岩田側へ処分が通知された。日本オープンを主催するJGAの主催競技へ2017年度末までの2年間超を出場停止とする処分で、16年と17年の「日本オープン」「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」に出場できなくなる内容だ。

JGAの山中博史専務理事は「エントリーは神聖なもので、組織として看過することはできなかった」と、今回の処分について説明した。エントリー後のキャンセルについて、明確な罰則規定があるわけではなく、個別に事案を検討して処分を決定したという。

岩田は「従うしかない」と処分を受け入れる姿勢だ。

関連リンク

2015年 日本オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~