ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ドイツバンク選手権
期間:09/04~09/07  場所: TPCボストン(マサチューセッツ州)

新ビッグ3? マキロイ、スピース、デイがそろい踏み

プレーオフシリーズに初登場のマキロイ。左 プレーオフシリーズに初登場のマキロイ。左足も「サッカーはできないけど、ゴルフをする上では問題ない」

男子ゴルフをめぐる米メディアの報道の中で、今週から“ビッグ3”という言葉が頻出し始めている。ロリー・マキロイ(北アイルランド)とジョーダン・スピースの世界ランク1位を巡る争いに、直近4試合で3勝のジェイソン・デイ(オーストラリア)が絡み、3人で後続から頭1つ抜け出した状況を指す使い方だ。

かつてはアーノルド・パーマージャック・ニクラスゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)の3人を形容するための言葉だったビッグ3。マキロイら現在の“トップ3”は期待に応え、「ビッグ」と呼ばれる存在感や個性を放ち始めるだろうか?

今年7月に友人とのサッカーで左足首の靱帯を負傷したマキロイは、3週間前の「全米プロゴルフ選手権」で競技復帰。先週は試合に出ていなかったが、世界ランク1位へと返り咲き、今週の「ドイツバンク選手権」にプレーオフシリーズ初出場する。

「ゴルフはしていたんだけどね。競技ではないけれど」と笑いながら、休みの間の様子を明かしたマキロイ。「世界ランキングを管理している人たちは、僕がホームコースでどんなゴルフをしているか見るべきだって、友達と冗談で話していたんだ。まあ、確かに少し変な感じだね」。

かつてのビッグ3の中で自分は誰にあたるか? と聞かれたマキロイは「ゲーリーかな」と即答した。「彼が一番、背が低いから」と笑いを取ったが、「うん、やっぱりそう。彼みたいに30年近いキャリアをここで過ごせたら、とっても幸せだと思う」と綺麗に締めた。

火曜日の夜、ボストン・フェンウェイパーク 火曜日の夜、ボストン・フェンウェイパークでの始球式を行ったスピース(Billie Weiss / Boston Red Sox)

一方、前週の「ザ・バークレイズ」で、今季3度目の予選落ちを喫したスピース。その試合では、タイトリストの716 AP2プロトタイプアイアンを使ったが、今週は元の714 AP2へと戻している。「先週悪かったのは1Wとウェッジで、アイアンは大きな問題ではなかったんだ。ただ少し見た目が違うから、今シーズンが終わるまで替えるのはやめようと思った」と弁明した。

続けて、ビッグ3と呼ばれることについて問われたスピース。「楽しんでいるよ」と受け止めてから、冷静に切り返した。

「以前はビッグ1だった。マスターズが終わってビッグ2になった。リッキー(ファウラー)がプレーヤーズを勝ってビッグ3になった。全米が終わってビッグ2。ジェイソン(デイ)が4試合で3勝してビッグ3。僕はただこの“ビッグなんとか”というのに留まっていられることを願っているよ」。

一番控えめだが、一番勢いに乗るジェイソン 一番控えめだが、一番勢いに乗るジェイソン・デイ

最後に登場するのは、現在最もホットな男デイだ。「今、とても良いゴルフをしていることは確かだ」と自ら認めながらも、マキロイ、スピースの2人については「自分が追い求めている2人」と定義している。「まだ、彼らより少し後れをとっている。そう考えると、もっと頑張らなくちゃと思えるんだ」と、それがまたデイの闘争心に火をつけるのだという。

「ビッグ3? みんなそのことを言っているんだろう?」とデイ。「そう言われるのは、本当に嬉しいことだよ。そういうプレーヤーになりたいとずっと思ってきたけど、自分がそうだと思ったことはまだ一度もない。ジョーダンやロリーのような選手たちと同列にくくられるなんて、思いもしなかったよ」。

今大会が“新ビッグ3”伝説の1ページ目となるのか? 米ツアー恒例の優勝予想では、1位:デイ、3位:スピース、6位:マキロイという予想だ。(マサチューセッツ州ノートン/今岡涼太)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~