ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ウィンダム選手権
期間:08/20~08/23  場所: セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

石川遼は“コンマ差”での生き残り…熾烈だったフェデックス争い

2015/08/24 12:29

土壇場でプレーオフ進出を決めた”持ってる男”石川遼

米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」は、次週から開幕するプレーオフシリーズへの出場(「フェデックスランク125位以内」が条件)をかけ、優勝には届かない順位でも熾烈なポイント獲得戦いが繰り広げられた。フェデックスランク130位で渦中にいた石川遼は、なんとかランク124位に滑り込んだが、出場圏外の126位とのポイント差は1pt未満という首の皮一枚だった。

さすがは“持ってる男”というべきか。通算9アンダーでホールアウトした石川は、その時点では35位前後の大会順位で、そのまま終わればフェデックスランクは127位と圏外だった。その後、後続の上位陣から通算9アンダー以下に順位を落とす選手が出始め、最終的に石川自身も含め7人となった31位タイでのフィニッシュ。この結果、37ptを手に入れてトータル458ptとし、ジェフ・オバートンウィル・マッケンジーと同ポイントで並んだ。(文末参照)

同ポイントで仲良く3人で…とはいかず、石川が124位、オバートンが125位、マッケンジーは残念ながら選外の126位という結果。勝負を分けたのは、各大会でタイの順位に均等にポイント配分される際に生じる小数点以下のポイントだ。今大会に限ったことではないが、もしもこの日、石川と同じスコア以上の選手が1人、2人、3人…と多い結果ならば、その分石川に配分されるポイントは減り、プレーオフ進出に届かなかった可能性もあった。

結果的にボーダーライン上の争いとなった石川以外でも、優勝したデービス・ラブIIIは前週のランク186位から76位へのジャンプアップ。ほかに前週ランク166位のジェイソン・ゴアも大会2位でランク98位に飛び込んだ。前週圏外からは、大会10位のヨナス・ブリクスト(スウェーデン)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)も滑り込んだ。

一方で、「マスターズ」をはじめ今季の4大メジャーに出場したジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)らが125位以下に滑落。ほかにタイガー・ウッズマルティン・カイマー(ドイツ)、アーニー・エルス(南アフリカ)、チェ・キョンジュ(韓国)らがプレーオフ進出を逃し、シーズンを終えた。

◎主な選手のフェデックスランク最終推移

最終ランク 前週 選手名 今週の順位 ポイント
76 186 デービス・ラブIII 優勝 649
96 125 シャール・シュワルツェル 3位T 584
98 166 ジェイソン・ゴア 2位 564
118 118 ビジェイ・シン 31位T 490
119 124 ルーク・ドナルド 26位T 484
120 117 ティム・クラーク 43位T 481
121 135 ヨナス・ブリクスト 10位T 471
122 114 エリック・コンプトン 予選落ち 471
123 129 カミロ・ビジェガス 26位T 467
124 130 石川遼 31位T 458
125 115 ジェフ・オバートン 予選落ち 458
-- -- 【ここまでプレーオフ進出】 -- --
126 116 ウィル・マッケンジー 出場せず 458
127 126 スコット・ラングレー 59位T 448
128 119 ブライアン・スチュアード 予選落ち 447
129 120 スコット・ストーリングス 出場せず 447
130 121 ジェイミー・ドナルドソン 出場せず 447
134 127 ノ・スンヨル 出場せず 432
135 128 S.J.パク 予選落ち 426
139 149 マルティン・カイマー 14位T 406
152 147 チェ・キョンジュ 63位T 358
160 156 グレーム・マクドウェル 出場せず 320
173 170 アーニー・エルス 68位 233
176 174 スティーブ・ストリッカー 出場せず 218
178 187 タイガー・ウッズ 10位T 216
183 191 ジャスティン・レナード 14位T 188


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~