ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/13〜08/16 ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

攻め続けたミスの連鎖…松山英樹は1ホールに泣く

上昇中の流れを止める痛恨の1ホールだった。海外メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」3日目。15位から出た松山英樹は後半14番まで首位に迫りながらも、15番のトリプルボギーが響いて失速。5バーディ、1ボギー、1トリプルボギー「71」にとどまり、トップと10打差の通算5アンダー24位に後退した。

中盤にかけてはムービングデーをリードする存在だった。「少しずつ良くなっている感触はあった」と、4バーディを重ねた後半11番(パー5)までグリーンを外したのは1度のみ。8番、9番と3m以内のチャンスを連続で決め、11番のバーディで一時は首位と4打差の通算8アンダー、6位タイまで順位を上げた。

12番(パー3)から3ホール連続でグリーンを外しながらも粘り強くパーセーブを続けたが、悔やまれるのは15番。フェアウェイからの2打目をグリーン左手前のバンカーに入れると、左足がラフにかかった状態から打った3打目はグリーンを大きくオーバー。左足下がりのラフから再びグリーンをオーバーさせて5オン2パット、カップインまで7打を要した。

首位に迫っている状況は、もちろん把握していた。「ボギーを打つと厳しくなるのは分かっていたし、寄せたい意識が強すぎた。もったいなかった」。紙一重の部分を狙い続けるリスクが生んだミスの連鎖を悔やんだ。

首位を走るジェイソン・デイ(オーストラリア)との差は10打に開いた。「今トップの人は、なかなか崩れないと思う」と、追い込まれた状況は十分過ぎるほど理解している。

「できるだけ良いスコアで回って、その結果がベスト10だったらいいかなと思う。しっかりやることをやり、良いラウンドをして今週を終えたい」。夕陽が紅く染める空の1点を見つめ、静かに言葉を続けた。(ウィスコンシン州シボイガン/塚田達也)

関連リンク

2015年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~