ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

松山英樹は珍しく自信の言葉 “2度目”の聖地「あこがれは…ない」

2015/07/16 07:15


スコットランド東部、北海を望むセントアンドリュースに、松山英樹が初めて足を踏み入れたのは2013年。プロ転向1年目の夏だった。破竹の勢いで日本ツアーの賞金レースを引っ張り、米ツアーのシード獲得を目指して奔走していた同年7月。ミュアフィールドでの「全英オープン」に出場する直前、松山はゴルフの聖地まで足を延ばし、進藤大典キャディらとプライベートラウンドを楽しんだ。

あれから2年。自身3度目の出場となった全英が、ゴルフコースとして最古の歴史を持つ当地が舞台になった。伝統と威厳を誇示する大会側の演出にも「あこがれは…1回まわればなくなりますよ」と、つれない。ただ「(ギャラリーが集結する)1番、2番、17番、18番は雰囲気がある。こういうホールでいいプレーができたらいい」と、メジャーの空気で様変わりしたコースにニヤリとした。

メジャー初制覇はまず、ショットの出来が左右しそうだ。「バンカーに入れず、グリーン周りのプレーをしっかりできれば、いいスコアで上がれる。風が吹かなかったらスコアは出やすいが、ミスをすればどんどん叩いてしまう。1回で脱出できないバンカーもある」。人の身長ほどの深さを持つものを含め、全部で112あるバンカーを徹底して避ける。前週土曜日から、最近では異例といえる72ホール(18ホール×4日)にも及ぶ練習ラウンドで、確信した。

開幕前日の15日(水)のラウンドでは、2つしかないパー3をのぞき、1番と10番で3W、12番で4I、16番で2UTを握った以外はすべて1Wでティショットを放った。連日の雨で芝の育成が進み、例年よりもボールが転がらない。「きょうくらいの風だったら、転がして攻める必要もない。みんな高い球で攻めてくると思う」。全英には珍しく“空中戦”の勝負となるという見方もある。

6月の「全米オープン」を18位で終えた後、3週連続で試合を休んで今大会に備えた。松山にとっては、今年に入って最も長いオフ。「最後の方にやっといい感じでショットが打てるようになってきた」という。

それだけではない。「まだ納得のいく感じではないが、オーガスタ(4月のマスターズ)が終わってから、迷っていた部分が徐々に良くなっている中で、今が一番フィーリングがいいかなと思う」。あくまでショットに関してだが、珍しく言葉に自信がこもった。

その大きな手と、クラレットジャグとの距離。日々、縮まっていると言っていいはずだ。(スコットランド・セントアンドリュース/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。