ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 場所:セントアンドリュース(オールドコース)(スコットランド)

聖地決戦へ自信のウッズ 「ここ2年で最高の出来」

2015年の海外メジャー第3戦「全英オープン」は16日(木)から、英国セントアンドリュース・オールドコースで行われる。不振が続くタイガー・ウッズが開幕2日前に公式会見に出席。「僕はまだ若い」と静かに闘志を奮い立たせた。

ウッズは、土曜日の早朝に現地入りし、ナイキゴルフのジュニアイベントで3ホールだけプレー。2005年、10年と2度優勝したゴルフの聖地だが、今年は直近の雨により「普段よりもソフト」という印象。

<< 下に続く >>

「昨日はウェッジでボールが(スピンで)戻ってきた。このコースでショットが戻ってきた記憶は今までにない。ピンに突っ込んでいかなければならないし、これまでとは違う戦いになる」。例年よりも青々とした芝の攻略を勝負のキーポイントに挙げた。

2週前の米ツアー「ザ・グリーンブライアークラシック」を32位で終えた。最終日の「67」のノーボギーラウンドは「たぶん、ここ2年くらいで一番思い通りの球を打てた。すごくいいサインだ」と大いに自信になった様子。

「僕はまだまだ若い。まだ40歳前なんだ(今年12月に40歳になる)。僕は既に燃え尽きて、終わってしまったと考えている人がいることも知っている。でも僕はまだ皆さんの前にいるんだ」。穏やかな表情で悪戯っぽく笑ったウッズ。「プレーすること、戦うこと、こういった素晴らしい大会に出ることが大好きでたまらない」。メジャー通算15勝目への意欲はまだ衰えていない。(スコットランド・セントアンドリュース/桂川洋一)

※ウッズのセントアンドリュース開催の「全英オープン」戦績
2010年/23位/285=67-73-73-72
2005年/優勝/274=66-67-71-70(2位に5打差)
2000年/優勝/269=67-66-67-69(2位に8打差)
1995年/68位/295=74-71-72-78(当時はアマチュア)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 全英オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!