ニュース

米国男子ジョンディアクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

「ここで負けたくない」疲労困憊で最下位フィニッシュの石川遼

2015/07/13 09:39


スコアが動いたのは1バーディ2ボギーの3ホールだが、スコアカードには載らない部分での苦闘に石川遼は疲労を漂わせた。イリノイ州のTPCディアランで行われた「ジョンディアクラシック」は決勝進出者最下位となる72位タイ。「現実から目を背けることは好きではない。しっかり見つめて向き合いながらやっていきたい」と語り、シーズン終盤の苦境になんとかファイティングポーズを作った。

この日は、朝もやが漂う7時15分のスタート。2番(パー5)でバーディを先行させたものの、その後はショットの距離感に苦しみ、3m前後のバーディチャンスについたホールも決めきれない。そんな1日を、最終組がスタートする1時間以上前に終え、「優勝争いをしている選手と、この順位の選手の日曜日は全く雰囲気が違う。集中力を保つことが難しかった」と振り返った。

前日、スタート直前に1時間、前半プレー中に1時間50分と、豪雨による2度の中断を強いられて長い1日を送ったこともあり、体と気持ちをプレーにかみ合わせることが難しかった。「ドライバーからアイアンまで、飛距離が出ていなかった。自分では一生懸命振っていたが、ボールに力が伝わっていなかった」という。

最下位でフェデックスポイントの積み上げはならず、出場権を持つ今季試合数は残り5となった。「体力や筋肉的な疲労はない」と話す一方で、「終盤になって、特に今の自分はかなり精神力を使う位置にいる。精神力は消耗しているし、蓄積もされてくる」という現状だ。「ここで負けたくない気持ちはある」と語った意地が支えになる。

一方では「今シーズンで自分のプロゴルファー人生が終わるわけではない」と覚悟を固め、焦燥感も払拭しながら戦う正念場。「技術的に課題もあるが、それよりも自分を信じ切れていないこと」と、全英オープンの裏開催となる次週の「バーバゾル選手権」へのキーポイントを掲げ、気持ちを切り替えた。

関連リンク

2015年 ジョンディアクラシック




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~