ニュース

米国男子シェル ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 シェル ヒューストンオープン
期間:04/02〜04/05 ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

石川遼 予選落ちで2年ぶりのマスターズ出場ならず

2015/04/04 09:48


テキサス州のゴルフクラブ・オブ・ヒューストンで開催中の米国男子ツアー「シェル ヒューストンオープン」2日目。1アンダーの65位タイから出た石川遼は3バーディ、2ボギーの「71」で回り、通算2アンダーの87位タイで今季6度目の予選落ちを喫した。優勝者に付与される次週の「マスターズ」出場権の獲得はならなかった。

前日からのバーディ合戦はこの日も続き、石川は午後のティオフ前には暫定84位と予選通過圏外。アンダーパーでのプレーが必要とされたラウンドは、序盤からパッティングで苦しんだ。

6m以内のバーディパットがことごとく決まらず、第2打をグリーン左にこぼした6番(パー3)でボギーが先行した。フェアウェイからのウェッジショットをピンそば1mに絡めた8番(パー5)、10番でバーディ。12番では奥から2m強を沈めて3つ目を奪ってカットライン上まで順位を引き上げたが、「タッチが合わない」という不安は解消されぬまま。

グリーンの端に切られた厳しいピンポジションは昨年、一昨年の出場時とも比べても「例年通り」。ただ、遅くなったスピードに対応できなかった。「合わせていけなかった。速く見えるけど、遅かったというのが多かった。6回、7回とカップに蹴られた」。終盤16番(パー3)、9Iでティショットを左に引っ掛けると、残したバーディパットは15m。これを2mショートさせ、3パットボギーで後退。決勝ラウンド進出に2打及ばなかった。

2日間を通じパー5で奪ったバーディは、ひとつ(パー7つ)にとどまった。初日に問題視したティショットについては「きょうは気持ちよく振れた」と修正できた感触があっただけに、噛み合わせの悪さが悔やまれる。

2013年大会以来のオーガスタ行きをかけた優勝争いに加われず、昨年に続きマスターズウィークはオフとなる。「ひるむことなく、いい準備をして次の試合に臨みたい」と、厳しい現実を受け入れるほかなかった。(テキサス州ヒューストン/桂川洋一)

関連リンク

2015年 シェル ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~