ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

シェル ヒューストンオープン
期間:04/02~04/05  場所: ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(テキサス州)

石川遼 ドライバーショットに不満の1アンダー発進

2015/04/03 09:12

2週ぶりツアー出場の石川遼は上位発進なら 2週ぶりツアー出場の石川遼は上位発進ならず。2日目はまず決勝ラウンド進出が至上命題

テキサス州のゴルフクラブ・オブ・ヒューストンで開幕した米国男子ツアー「シェル ヒューストンオープン」初日。石川遼は2バーディ、1ボギーの「71」と静かなゴルフで1アンダーの65位タイで発進した。

3年連続の出場となった「マスターズ」出場権をかけたトーナメントの滑り出し。石川の表情はこの日午前の空と同じように曇りがちだった。インから出て3ホール目の12番で残り81ydの2打目をピン左2mにつけてバーディを先行。それ以降は、1Wショットへの不満が募る一方だった。

13番(パー5)では第1打をターゲットよりも、はるか右に打ち出し、隣のホールへ。アイアンで左に引っ掛けた16番(パー3)でボギーを叩いた後、後半1番で2mのフックラインを流し込んでバーディとしたが、暴れるティショットをなかなか制御できない。

折り返しの18番は「1Wを打てば、セカンドは7Iで打てるくらいの距離まで行くのに…」というホールながら、左サイドの巨大な池を警戒して4Wを握るなど、安全策を取らざるを得ない状況にも陥った。

パーオンを逃したのは16番だけだったが、「グリーンに乗せるのが精いっぱいというのが多くて、近いところに乗せられなかった」と、多くのホールでロングパットを打った。1Wでフェアウェイを捕らえたのも、ミスで距離が出なかった17番だけ。結局4つのパー5でひとつもバーディが取れないままフィニッシュした。

2週前の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」では1Wショットがまとまり、好スコアにもつなげたが、前週のオープンウィークに「フェード系のボールで安定していたが、自分の目指すところとは違うと思って修正しようとしていた」という。

ストレート、ドロー系のボールの理想を追い、このラウンド中も試行錯誤。「ドローではなく、やはり強いフェード目の球の方がスイング的に歯切れも良く、いいスイングが出ている」と現状を苦々しく分析した。

胸をなで下ろしたのは「アイアンにまで悪い影響が出なかった」こと。まずは予選通過すら霞むような大幅な出遅れは回避した。「ティショットがいいところに打てれば、アイアンでもっと近くに寄せられる」。爆発の可能性を信じて、足早に練習場へと向かった。(テキサス州ヒューストン/桂川洋一)


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~