ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

誘拐、暴行被害のアレンビーが出場を回避

前週の米国男子ツアー「ソニーオープンinハワイ」の大会期間中にホノルル市街で暴行を受けたロバート・アレンビー(オーストラリア)が、22日(木)に開幕する「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」の欠場を決めた。

アレンビーは「ソニーオープン」で予選落ちを喫した16日(金)夜に市内のバーで誘拐され、暴行を受けた。所持品を奪われた後、バーから6マイル(約10キロ)離れた公園で発見された顔には大きなあざや傷が残っていた。

18日(日)時点の声明では「今後、米国本土に戻って来週のヒュマナチャレンジをプレーできるか判断する」としていたが、開幕2日前の20日(火)にエントリーを取り消し。

「医師のアドバイスに従って、今週は欠場することに決めた。まだ完璧な状態でツアーに復帰できる保証がない。近いうちに、元気に戻れることを楽しみにしている」と再びメッセージを発表した。

関連リンク

2015年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~