ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ソニーオープンinハワイ
期間:01/15~01/18  場所: ワイアラエCC(ハワイ州)

ロバート・アレンビー ハワイで誘拐され暴行受ける

誘拐、強盗被害に遭ったロバート・アレンビー。「ソニーオープン」で予選落ちした夜、事件に巻き込まれた(Andy Lyons/Getty Images)

米ツアー「ソニーオープンinハワイ」に出場して通算2オーバーで予選落ちを喫したロバート・アレンビー(オーストラリア)が16日(金)夜、ホノルル市内のバーで誘拐され、暴行されて所持品を奪われた。アレンビーはバーから6マイル(約10キロ)離れた公園で発見された。命に別状はない。米ゴルフチャンネルが、アレンビーのキャディであるミック・ミッドルモ氏の話として伝えた。

報道によると、アレンビーは金曜の夜、ワイキキ近くのワインバーで、ミッドルモ氏と友人―オーストラリアのAAP通信によると、アンソニー・プントリエロ氏―と飲んでいた。だが、誘拐された時、両氏はアレンビーと一緒ではなかった。アレンビーは土曜日の朝に米本土に戻る予定だったという。

ミッドルモ氏によると、アレンビーは顔面にひどい暴行を受け、財布、携帯電話、キャッシュカード、クレジットカードを失っていた。公園で倒れているのを退役軍人に発見され、滞在していたワイアラエCCそばのカハラホテルへと戻された。

アレンビーは土曜日の朝に目覚めたときはふらふらの状態で、何が起きたのか覚えていなかったという。午後になり、ミッドルモ氏とプントリエロ氏と話をするうちに、金曜夜の状況を思い出し始め、警察とともにワインバーに行き防犯カメラの映像を確認した。

プントリエロ氏は「彼は大丈夫だが、我々はまだ刑事と話しているところだ」と、AAP通信に話した。

43歳のアレンビーは、PGAツアー4勝、欧州ツアー4勝を挙げている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~