ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

石川遼 中断中に体調不良「脱水症状っぽい」

2014/11/01 19:11


マレーシアのクアラルンプールG&CCで開催中の米国男子ツアー「CIMBクラシック」3日目。4アンダーの18位タイから出た石川遼は3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算3アンダー29位タイに後退。終盤は、高い湿度による体調不良に悩まされた。

前半はショットで作ったチャンスを決めきれないまま、11番(パー3)でティショットを池に入れて痛恨のダブルボギー、続く12番でもボギーを叩く苦しい展開。異変を感じたのはその後、3日連続で発生した雷雨による中断の最中だった。午後1時半前、14番のティショットのあと、引き返したクラブハウスで椅子に腰かけていた石川。「13番までは大丈夫だったんですけど、中断で休んだときに途中から体がけいれん、震え出した」

<< 下に続く >>

約2時間半の休憩時間も気が気でない。再開後は14番で3mを沈め、17番では第2打をピンそば1.5mに絡めて2バーディを決めて巻き返したが、ホールアウト直後は平静を装いながらも、小刻みに息を吐いていた。

「脱水症状っぽい感じ。水曜日くらいから熱中症のような症状があって、気をつけなきゃいけないと水分、エネルギーを補給していた」という。開幕前日、午後のプロアマ戦直前には首に冷えたペットボトルを当てて、練習グリーンの脇に座り込むシーンがあった。

この日、症状が出た後、実際にはスコアを伸ばす結果となったが「14番以降はショット、パットに影響を及ぼすことはなかった。ただ、フィーリングが出ない感じはありました。落ち着かない、体重の位置がフラフラしていたところもある」と話した。

肌を焼く強い日差しには米国で慣れていても、体中をジットリ包み込むような熱波は東南アジア特有のもの。湿度は連日90パーセント台だ。「去年のタイ選手権(12月)のときも、最終日の朝に熱を出したんです。体力が不足している」。9ストロークと広がったトップとの差とは別の課題が身に染みた。(マレーシア・クアラルンプール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!