ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

松山英樹、首位とは8打差 3戦連続トップ10狙う

マレーシアのクアラルンプールG&CCで開催されている米国男子ツアー「CIMBクラシック」3日目。4アンダーの18位タイから出た松山英樹は、3バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「72」とスコアを伸ばせず、22位タイに順位を下げた。トップで並ぶケビン・ナライアン・ムーアとの差は8ストロークとなった。

「噛み合わなかった」。その言葉に尽きた。序盤2番で3mを沈め、3番(パー5)ではグリーンエッジからの3打目がわずかに逸れてイーグル逃しの2連続バーディ。ただ、4番(パー3)、5番(パー5)でも4m以内のチャンスがあったが、決めきれなかった。

<< 下に続く >>

10番まで毎ホールパーオンに成功したが、12番では右サイドのフェアウェイバンカーからフェード狙いの2打目は、グリーン手前の池に落ちてダブルボギー。終盤16番ではドライバーを強振しグリーン手前のバンカーまで運びながら、続く2打目で寄せきれない。「(雨でも)グリーンのスピードは全然変わらなかったが、全体的にショートしていた。強く打ったら入るものではないが、うまくいかなかった」。フィニッシュの精度の差で、バーディ合戦でスコアを伸ばした上位の背中は遠くなった。

最終日のターゲットはまず、新シーズン開幕から出場3連続のトップ10入りとした。「優勝はだいぶ遠くなったが、5アンダー、6アンダーくらいで回れれば入れる位置だと思う。そこにしっかり入りたい」。コースを足早に去る表情には一切の笑みがなかった。(マレーシア・クアラルンプール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!