ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 フライズドットコムオープン
期間:10/09〜10/12 場所:シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)

V争いの松山英樹 2連続ボギーフィニッシュにも笑顔がチラリ

ムービングデーを迎えた「フライズドットコムオープン」3日目。6バーディ、3ボギー「69」で回った松山英樹は、通算10アンダーの7位タイ。一度は首位に並びながらも、その地位を終盤2ホールの連続ボギーであっさりと手放した。

通算12アンダーまでスコアを伸ばし、首位タイで迎えた17番(パー4)。この日はティが前に出されてピンまでは300y弱。「1Wで普通に打てば届く距離」とティショットでグリーンを狙ったが、左に曲げて林の中に打ち込んでしまう。狭い木の間を、地を這うようなショットで抜いてピンの奥まで運んだが、わずかにこぼれたラフからのアプローチを寄せ切れずにボギーとした。

<< 下に続く >>

最終18番(パー5)も、1Wを右のクロスバンカーに入れた末のボギーだった。4バーディを奪った前半9ホールですら、フェアウェイキープ出来たのは2ホールだけ。フェアウェイキープ率はこの日、前日の85.71%から42.9%へと急落した。だが、松山は笑っていた。

3週間の休みを挟んだ効果は、まだ続いている。「最後の2ホールはとんでもないショットが2発出たので、さすがにイライラは出た」と振り返ったが、「それでも、昨シーズンの終わりみたいに血が上らずに出来たと思う」と感情的には冷静。18番グリーンを去る表情にも、怒りの色はなかった。

技術的に見れば、スイングイメージを変えてまだ1戦目。「(スイングの感覚は)その日、その日で変わってくる」というものの、昨日はウッド系が冴えを見せ、この日は逆にアイアンがよく切れた。最適を求める微調整が機能しているという見方もできる。この日、同組で回ったブルックス・ケプカは、松山のプレーを「球を打つのがうまく、信じられないパットをする。とても印象的だった」と絶賛した。

「上位も思ったほど伸びてないし、15番までに5アンダーくらいで回っていれば残り3ホール(16番と18番はパー5、17番は短いパー4)でチャンスがある。そこを目指してやっていきたい」。

“本物の松山”を見せるのは、これからだ。(カリフォルニア州ナパ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 フライズドットコムオープン

  • 2014/10/09~2014/10/12
  • 優勝:ベ・サンムン
  • 賞金総額:6,000,000US$
  • シルバラードリゾートアンドスパ(ノースコース)(カリフォルニア州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!