ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

歯がゆさ残る松山「70」 後半4ボギーで失速

2014/08/10 08:23

ケンタッキー州のバルハラGCで開催されている、海外男子メジャーの今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」の3日目。カットライン上の69位タイで決勝ラウンドに進んだ松山英樹は、前半こそ猛追の気配を見せたものの後半に失速し、5バーディ、4ボギーの「70」(パー71)。通算1アンダーは56位に浮上したものの、「最後の方はもったいなかった」と悔しさをにじませた。

昨日のラスト2ホールでバーディ、イーグルを奪い、崖っぷちから這い上がった決勝ラウンド。一夜明けて、序盤の松山はその余韻をなおも漂わせた。

スタートホールの1番では、ピン右2.5メートルにつけて幸先良くバーディ。3番(パー3)ではピン奥1メートル強に絡めて2つ目、さらに短いパー4の4番ではドライバーでグリーン右まで運び、2打目を寄せて連続バーディ。「バーディ先行で良いゴルフができていた」と、出だしから4ホールで3つ伸ばす絶好のスタートを切る。

折り返し後の10番(パー5)もバーディとして一時は通算4アンダー。しかし、2メートルのパーパットがカップを蹴られて3パットボギーとした後半11番(パー3)から、流れが傾き始めた。

続く12番、さらに距離の長いパー4が続く終盤の難所、16番、17番もショートゲームのミスからボギーを重ね、最終18番(パー5)こそバーディで締めたものの、この日1アンダーに不満顔。「本当にもったいないボギーばかりだった」と肩を落とした。爆発の予感は漂わせているだけに、歯がゆさだけが残ったムービングデーとなった。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。