ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

石川遼は予選落ち ショットの力不足を実感

2014/08/09 09:52

海外メジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」の2日目。79位からスタートした石川遼は「ショットが悪すぎた」とスコアメイクに苦しみ、3バーディ、6ボギーの「74」(パー71)でホールアウト。決勝ラウンド進出(70位タイ以上)へ巻き返しを図ったラウンドで3つ落とし、通算4オーバーの95位タイで予選落ちを喫した。

日中を通して振り続けた雨のピークは、ちょうど石川がトップ組から出た7時35分前後。視界が遮られるほどの豪雨の中、スタートホール10番(パー5)のティショット、セカンドとフェアウェイに運び、3打目をピン奥50センチにピタリ。その後は50分の現場待機を強いられたが、これを確実に沈めてバーディ先行で飛び出した。

しかし、以降は雨も小康状態になったものの、ドライバー、アイアンともにショットの精度が定まらない。特に、ドライバーは左への曲がりが目立った。距離の長いパー4が続く16番、17番と左ラフに打ち込み、いずれもグリーンを外して連続ボギー。折り返し後の1番、2番もドライバーが左、右へと散り、雨により「かなり重くなっていた」というラフからの刻みを強いられる。再びの連続ボギーで、目前にあったカットラインは遠ざかっていった。

「ショットがまだまだ。もっと良いゴルフができると思うし、悔しい」と、この日フェアウェイを捕らえたのは14ホール中5ホールのみ。対して、この2日間を同組で回ったロリー・サバティーニ(南アフリカ)のドライバーショットには目を見張った。「ほとんどミスが無いし、280から300ヤードの距離をコントロールして、ドローもフェードも打てる。とても勉強になった」。今の自分との、レベルの差を実感した。

現在は、ドライバーの練習量を増やしている真っ最中。次週の「ウィンダム選手権」を経て、2週間後には初めて臨むプレーオフシリーズも控えている。「しっかり良い練習はできていると思う。これを続けて、成果が出るまで待つしかない」。この2日間で得た反省を胸に、再びドライバーを振り続ける。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。