ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 バルハラGC(ケンタッキー州)

小田孔明と谷原秀人 同世代の2人は並んで出遅れ

2014/08/08 11:26

海外男子メジャーの今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」が7日(木)、ケンタッキー州のバルハラGCで開幕。快晴微風の好コンディションにも乗って53人がアンダーパーをマークする展開で、ともに1978年生まれの小田孔明谷原秀人は1バーディ、4ボギー「74」、3オーバーの109位と大きく出遅れた。

国内ツアーの平均パット数1位(8月4日時点)が、グリーン上で苦しみ続けた。10番(パー5)から出た小田は、「練習ラウンドよりグリーンのスピードが速くて、タッチが合わなかった」と、この日33パットに苦い表情を浮かべた。

スタートホールから、その予兆はあった。3打目をピン手前1.5メートルにつける絶好のチャンスを迎えたが、「思ったよりも速くて切れなかった」と、ボールはカップに蹴られてバーディ先行を逃す。これが尾を引いたのか「普通な入れられる距離が入らない」とグリーンを把握できないままホールアウトを迎え、「ドライバーが良かっただけに残念」と肩を落とした。

一方の谷原は、傾斜の近くや端々に切られたピンポジションと、グリーンの読みに対応しきれなかった。ラウンド中、「このピンに打っていかないといけないのか」と思ったこともしばしば。「それでも、(同組で4アンダーの)ジェリー・ケリーは良いプレーをしていた。(パットを)入れるところで、しっかり入れてくる」と、自身を省みた。

加えて、「朝から風邪を引いたっぽい」と、思わしくない体調も不安の種。「声が出にくいし、鼻水が出る。だるいと言えばだるいし、熱があるのかな・・・。最後の方も集中力が切れかかっていた」と話す声は、やはりかすれ気味。「早く体調を直したい」と、足早にコースを後にした。(ケンタッキー州ルイビル/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。