ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:07/31〜08/03 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

「全英」のお返し?ガルシアが描くマキロイとの戦い

大会2日目に自己ベストの「61」を出して単独首位に浮上したセルヒオ・ガルシア(スペイン)が、3日目を終えて首位の座をキープ。2週前の「全英オープン」で2位になった勢いを維持し、1月の「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」(欧州ツアー)以来の優勝に王手をかけた。

そのガルシアの背後には、「全英」でガルシアの追撃を振り切ったロリー・マキロイが迫っている。2位に6打差のリードを持って最終日を迎えたマキロイにプレッシャーをかけたのは、1つ前の組でプレーしたガルシアだった。一時はその差を2つまで縮めたガルシアだったが、マキロイをとらえることはできなかった。

<< 下に続く >>

そして、今度は3打差のリードでガルシアが先頭を走っている。前回とは立場が逆転した。

「ロリーも僕もワクワクしているはずだ。(明日は)熾烈な戦いになるだろうね。2週間前にロリーが僕にしたのと同じことが、僕にできればいいんだけど。どうなるか見ものだね」。マキロイとの直接対決を心待ちにするガルシア。

一方、マキロイは「今日の目標は果敢に戦い、最終組に入るってことだった」と、3日目を振り返る。「最終日に彼と一緒にプレーするのが楽しみだね。少なくとも何が起きているかをじっくり見ようと思う。できるところでは彼にプレッシャーを与えようと頑張るけど、僕はただしっかりとプレーをし、『全英』から間もないこの大会で再び優勝するチャンスを手に入れたいんだ」。

調子が良い2人の戦いだけに熾烈を極めそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!