ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:07/31〜08/03 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

2ヶ月ぶりのイーグルも!松山英樹がこの日のベストスコア「65」で10位浮上

2014/08/03 03:26


“爆発”と呼ぶには淡々としたラウンドだった。世界ゴルフ選手権シリーズ第4戦「WGCブリヂストンインビテーショナル」の3日目、松山英樹はオハイオ州アクロンにあるファイヤーストーンCCを1イーグル5バーディ2ボギーの「65」(パー70)で回って前日の36位から10位に急浮上。復調の手応えを確かめながら「あと2、3ホールは行けた(伸ばせた)と思う」と静かに振り返った。

スタートホールの10番で2打目を20センチにつけてバーディで幕を開けたこの日、前半に2つスコアを伸ばして折り返すと、2番(パー5)ではフェアウェイから残り228ヤードの第2打で3Iを振り抜き、ピン奥の傾斜を使ってピンそば50センチにぴたり。「パッティングをほとんどしていないので、イーグルを獲った感触はない」と言うものの、5月末の「クラウンプラザインビテーショナル」初日以来となる今季5個目のイーグルを記録した。

<< 下に続く >>

3日目に入り、ドライバーも復調気配。「よいショットが増え始めて、このまま練習していけばという感じはある」と、最終9番ではフェアウェイのスロープを使って348ヤードのビッグドライブをフェアウェイに置くと、続く2打目をピン右90センチにつけて2連続バーディで締めくくった。

この日の「65」は、「クラウンプラザインビテーショナル」3日目の「64」に次ぐ、今季2番目の好スコア。「これくらいのプレーを毎日続けられたら上位にいけると思う」とようやく厳しい自己評価もクリアするようになってきた。

「パッティングに関してはあまり変わっていない」と課題はまだ残っているものの、57.1%のフェアウェイキープ率も、61.1%のパーオン率も、パット数25もこの3日間の中では最高の数字。今週からプレーオフシリーズ最終戦まで見据えた今季締めくくりとなる7連戦の第一週としてみれば、“早くも”状態は理想に近づきつつあるといってよいだろう。(オハイオ州アクロン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!