ニュース

米国男子HP バイロン・ネルソン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権
期間:05/15〜05/18 場所:TPCフォーシーズンズリゾート(テキサス州)

無念セカンドカットの石川遼「1打の重みを感じた」

2014/05/18 09:44


テキサス州ダラスにあるTPCフォーシーズンズリゾートで行われた「HPバイロン・ネルソン選手権」の3日目、前日辛くもカットライン上で予選通過を果たした石川遼だったが、この日は1バーディ3ボギーの「72」(パー70)とスコアを落とし、通算3オーバーの75位。70位以内で終えることができず、セカンドカット(MDF/Made cut, Didn't Finish)の対象となり、土曜日で会場を去ることとなった。

10番スタートのこの日、序盤はチャンスにつけ続けたが、肝心のパットが決まらない。「入らなかったパッティングのうち、ほとんどで良いパットが出来ていた」と、運にも見放され、15番でボギーを先行させた。折り返した後半は、「感触的には完璧でペタピンにつくと思った」という6番の第2打も、1ヤード足りずにピン手前のバンカーに吸い込まれてボギーとした。

<< 下に続く >>

続く7番(パー5)はどうしてもバーディが欲しいホールだった。ティショットでドライバーを振り抜いた石川は第2打で6Iを手にしていた。このショットは「風が左から吹いていると思って打ち出したけど、まったく風に流されなかった」と、グリーン左手前のバンカーへ。バンカーからピンは近く、さらにピンに向かって下り傾斜となっており、「自分にプレッシャーを掛け過ぎた」という3打目は、エッジから再びバンカーに転がり落ち、パーで収めるのが精一杯となった。

「1日中流れが良くない中で、悪いなりに2オーバーで抑えたという感じ。長いシーズンではこういうこともある」と石川は言う。セカンドカットに1打届かず、「1打の重みを感じた。昨日それをクリアして、今日はクリアできなかった」と、さばさばと振り返った。

「今日はアイアンの精度とか、やっぱり良いプレーとは言えなかったし、それはPGAツアーのコースではごまかせない。でも、ひどいプレーにはならなかったので、次につながると思う」。次に続くのは、隣町のフォートワースで開催される「クラウンプラザインビテーショナル」。すぐに挽回のチャンスは巡ってくる。(テキサス州ダラス/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HP バイロン・ネルソン選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!