ニュース

米国男子ザ・ホンダクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズはまたも出遅れ「噛み合わなかった」

2014/02/28 09:07

米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」が27日(木)、フロリダ州のPGAナショナルで開幕。タイガー・ウッズは3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「71」(パー70)で回り1オーバーの81位タイと出遅れた。

MDF(最終日の出場人数制限)により、自身初のセカンドカットを経験した1月の「ファーマーズインシュランスオープン」以来の米ツアー。だがウッズは序盤で望ましいリズムを作れなかった。出だしの10番から4ホール連続で6メートル以内のバーディチャンスをものにできず、パーが並ぶ。開幕前からグリーンの遅さを嘆いていたが「スピードを正しく把握できなかった。芝目も強くて、読み違いもあった」。後半2番では深いラフからの2打目がわずかに25ヤードしか飛ばず、続くショットもバンカーに入れて4オン。2パットでダブルボギーを叩いた。

この2月27日は、ウッズが22年前にアマチュア選手としてツアーデビューを果たした日。別の意味でも注目を集めていた。

しかしフェアウェイキープは8ホール、パーオンは12ホールで成功しながらも30パット。決めたパットで最も長かったのが6フィート(約1.8メートル)では上位のバーディ合戦に加われない。「今日は噛み合わなかった。16、17、18番ではいいリカバリーがあったけれど、バックナインでは良いショットが打てなかった。パットは良くなり始めたのに」と嘆く。ロリー・マキロイが優勝した12年大会では最終日に「62」を叩きだしたコースだが、今年出場した米国、欧州ツアーの2試合同様、またも出遅れてしまった。

ところでこのラウンドで、話題の選手のひとりとなったのは同組でプレーしたザック・ジョンソン。前半11番で、風を読み違えた第2打から池に2度入れて8打を叩いた。しかしその後、7バーディを奪う猛チャージを見せて3アンダーの11位タイでホールアウト。「まだ2ホール目だったからね。忘れようとするのは簡単だったよ。僕は忍耐、我慢が得意…」とジョンソンは胸を張った。

同組選手のバウンスバック。「あいつがタフなのはもちろん知ってるさ」と感服したタイガーに、火はつくか。(フロリダ州ウエストパームビーチ/桂川洋一)

関連リンク

2014年 ザ・ホンダクラシック

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~