ニュース

米国男子WGCアクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

初出場の松山英樹は元世界ランク1位を1回戦で撃破!

世界ランキング上位64人が激突する「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」(ダブマウンテンGC、米アリゾナ州)の初日、1回戦の全32試合が行われた。世界ランク22位で初出場した日本の松山英樹は、2010年「全米プロゴルフ選手権」覇者のマーティン・カイマー(ドイツ、現ランク49位)との接戦を2&1で制して32強に勝ち上がった。2日目の2回戦では、ゲーリー・ウッドランド(同54位)を延長の19ホール目で逆転して勝ち上がった2010年「全米オープン」覇者のグレーム・マクドウェル(北アイルランド、同17位)と対戦する。

元世界ランク1位(2011年)のカイマーとの戦いで、松山は1番こそ先行を許したが、続く2番(パー5)、4番とバーディを奪い返して、一進一退の展開へ持ち込んだ。13番を終えて1ダウンで終盤に突入。松山は、ここから勝負強さを発揮した。

カイマーが第2打をグリーン奥に外した14番でオールスクエアに戻すと、続く15番では、カイマーが外した直後に3メートルのバーディパットをねじ込み、ホール連取で一気に逆転した。ペースを崩さない松山に対し、カイマーは我慢比べで音を上げた格好。最後はアップドーミーだった17番で、カイマーがパーオンに失敗してボギーでギブアップし、1ホールを残して勝利をつかんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。