ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

開幕前日にミケルソンが練習ラウンド、石川は待機のまま

アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで明日30日(木)から開幕する「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」にディフェンディングチャンピオンとして出場する予定のフィル・ミケルソンが、この日スコッツデール入りし、近隣にあるウィスパー・ロックGCで練習ラウンドを行った。

練習終了後のミケルソンは、「あまりフルスイングをすることはなかったけど、良い練習ラウンドができた。状態はいい。出場して、良いプレーができることに期待している」とコメント。次週の「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」にも出場意欲を見せているという。

一方、ウェイティング順位1位の石川遼は、この日もコースに来て練習を行った。「この試合が一番(フィールドが狭く、出場するのが)厳しいと言われていたので予想はできていた」と、慌てる様子はみせていない。それでも、明日は7時30分スタートの第1組から13時10分スタートの最終組が出るまで、いつ欠場者が出てもすぐにティオフできる準備をして待機していなくてはならない状況だ。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

※この日夜にダドリー・ハートの欠場が決まり、石川は滑り込みで出場が決定。初日は午前7時39分にアウトコースからスタートを切る。

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~