ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ミケルソンがフェニックス出場へ望み、石川は次点

先週行われた「ファーマーズインシュランスオープン」の2日目を終え、腰(背中)の痛みにより棄権したフィル・ミケルソンが、今週行われる「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」にディフェンディングチャンピオンとして出場するため、ジョージア州ダルトンの専門医、トム・ボワーズ氏のもとを訪ねたことがわかった。

ミケルソンは、「まだ背中の炎症は残っており、収まるまでに1~2週間は掛かるだろう」とコメントしている。ミケルソンは会場のアリゾナ州フェニックスには水曜日に入り、出場を目指すという。アリゾナ州立大卒のミケルソンは、「他の試合ならスキップするけど、私はディフェンディングチャンピオンだし、第2の故郷での試合。軽い練習をして、いけそうならプレーをしたい」と出場に前向きな姿勢を示した。

なお、月曜日時点で出場権のない石川遼は、ウェイティング順で1番目。1人でも欠場者が出れば、出場できることになる。

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~