ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

「振り切れる安心感」遼、新ドライバーでリベンジへ

2014/01/16 11:10


石川遼の2014年第2戦は、カリフォルニア州ラ・キンタで16日(木)から開幕する「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」。開幕前日の水曜日はプロアマ戦に出場して、PGAウェストのパーマーコースをラウンドした。前週の「ソニーオープンinハワイ」では予選落ちに終わったが、今週は新たな武器を手にリベンジに挑む。

ハワイから月曜日にカリフォルニア入りした石川は、現地でキャロウェイ・スタッフと合流。早速、火曜日から「BIG BERTHA ALPHAドライバー(ロフト実測:9.5度/2月下旬発売予定)」をテストした。「昨日(火曜日)はじめて使って、4球目くらいで“使えるな”と思った」という新ドライバーは、“グラビティーコア テクノロジー”により、ヘッド縦方向の重心位置を調節できるもの。石川は低重心設定とすることにより、「200回転くらい少なくなった」と、球のスピン量を抑えることに成功したという。

「叩いた時にサイドスピンがかからないから、安心して叩いていける。振り切れる安心感がありますね」。実際に練習場でも安定したストレートボールを打っており、「曲がる気がしない」と、明るい表情からもその良好な手応えがうかがえた。

3コースを使って行われる予選ラウンド。初日は、今日と同じくパーマーコースでプレーする。「スコアが出ることは出るけど、コース自体は罠もあって易しくはない」と警戒するが、「今日の感じでいければいい。ショットをある程度良いところに打っていければ、グリーン上の勝負になる」と、準備万端といった様子だ。「バーディ数でいえば、1日6個とか7個は獲りたいと思いますね」と、例年ロースコア続出のプロアマ混合試合に照準を定めていた。(カリフォルニア州ラ・キンタ/今岡涼太)

関連リンク

2014年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~