ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

今田竜二は27位へ後退、武藤俊憲はMDFで姿を消す

ハワイ州にあるワイアラエCCで行われている「ソニーオープンinハワイ」3日目、通算4アンダー25位から出た今田竜二は、2つスコアを伸ばして通算6アンダーとしたものの、順位は27位タイへと後退。66位タイから出た武藤俊憲は、「71(パー70)」とスコアを落として72位タイでフィニッシュした。

「今日はショートゲームだけで回ってきた感じ。ショートゲームの調子が悪かったら、80打っちゃうようなゴルフだった」と、ショットの乱れに苦しんだ今田。「初日、2日目のような、テンポの良いショットが打てなかった」と5バーディ3ボギーのラウンドを振り返った。

今田にとって、明日は10位以内に入って次戦(今週に限っていえば、翌々週の試合)の出場権を得ることが一つの目標となる。27位とはいえ、トップ10圏内との差はわずかに3打。明日のビックスコアに期待したい。

一方の武藤は、72位タイで3日目を終えたものの、PGAツアーの規定により最終日にプレーすることはできなくなった。同ツアーでは、テレビ放映の関係で決勝ラウンド進出者が79人以上だった場合は、土曜日に再度上位70位タイまででカットが行われるため、1打スコアが及ばなかった。

武藤は「前半は良かったけど、もうちょっとバーディを獲らないと追いつけない。風が変わってから、考えすぎてしまった」と悔やんだが、「なんとかなりつつある手応えもあった」と、14年初戦の収穫も口にして会場をあとにした。(ハワイ州ホノルル/今岡涼太)

関連リンク

2014年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~