ニュース

米国男子フライズドットコムオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 フライズドットコムオープン
期間:10/10〜10/13 場所:コルデバレーGC(カリフォルニア州)

11位浮上の石川遼 一皮むけた上位への手応え

米国カリフォルニア州にあるコルドバレーGCで開催されている「フライズドットコムオープン」の2日目、2アンダーから出た石川遼は、6バーディ2ボギーの「67」で回って通算6アンダーとし、11位タイに浮上して決勝ラウンド進出を決めた。

スタートホールの10番では、2打目を1.5メートルにつけてバーディ。13番では、グリーンの傾斜を使って30センチにぴたりと寄せた。「安全かつチャンスにつくところを狙っていくと、ああいう風になる」と石川。「今日は序盤から緊張もなく、良い感じでリラックスしてできた」と、落ち着き払ったゲーム運びでスコアメイクに危なげがない。

折り返した6番では、フェアウェイバンカーから4Iで2.5メートルにつけ、高い技術も駆使しながらバーディを奪った。「誰にとっても難しいと思うけど、あそこで当てにいったり、置きにいったりしないで、アグレッシブなスイングができた」と自己評価も高い。気持ちやコースのマネジメントとショットが噛み合い、終わってみれば、順調に伸びたスコアは首位と5打差。決勝ラウンドの2日間を前にトップ10目前の好位置につけた。

ウェブドットコムファイナルシリーズ終盤、3試合連続でトップ10入りした石川は、「所詮、ウェブドットだろうと思っていた」と打ち明けた。「PGAでトップ10に入るのは、すごいことだと思っていた」と、当時は頭の中で見えない敵と戦っていたらしい。「でも思ったほど違いはない」。下部ツアーとの入れ替え戦を経験したことで、自分の力量に確固とした手応えを感じるようになった。

いま向き合っているのは、その次の段階だ。昨日ダブルボギーを叩いた6番ホール、今日は4オン1パットのパーで終わった15番ホール。「昨日の6番はラフでへこみに入っていて、悪いライになって焦りが出た。今日の15番も完璧なマネジメントができたけど、ティショットがディボットに入っていて。無理矢理打ったらああなった(右サイドのバンカーに捕まる)。自分の技量に応じて判断していかないといけない」。どんな時にも揺るがない冷静な判断力を自分自身に求めている。

この日は、松山英樹もリーダーボードを駆け上がった。「英樹が良いプレーをしているのは見えたし、疲れていても試合に合わせてくるのはすごいと思う。でも、自分は自分なりのやり方でこのスコア。あと2日間も、自分がやるべきことをできるかどうか」。軸をぶらさず、一歩一歩前進する。(カリフォルニア州サンマーティン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 フライズドットコムオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。